Archive for admin

nicoコメ補助ツール【HTML5対応版】

アイキャッチ画像は、星乃もるさんです。

 

さて、たいへん苦しんでいますが、ようやく「HTML5」対応版の暫定版ができましたので、アップいたします。

自分ではチェックできていませんので、ご使用の前に必ず事前の練習チェックをしてから行ってください。

残念ながら、「コマンド」や「コメント」は直接入力できずに、取りあえず「Clipboard」にコピーした状態になります。なので、自分でペイストして下さい。

実はプレーヤーのコマンドBOXやコメントBOXに書きこむことはできたのですが、それがちゃんと認識されないため、そのままではコメント投下を正しく行えませんでした。

とりあえず、方針を変更して、まずは暫定版として、クリップボードにコピーすることにしました。

 

「ショート再生機能」は、PC側タイマーを使って再生ボタンをクリックしていますので、通信やサーバー側の応答のばらつきにより、ばらつきますので、正確なものではありません。

 

いろいろと突っ込みどころ満載ですが、現状はこんな感じです。

 

No Ver. 説明 画像
 4  5.03  レイアウト見直し

追加パネルのフォントサイズ変更

 

ダウンロード用リンク:
nicoコメ補助ツール ver.5.03

3 5.02r2 ラジオボタンをクリックでクリップボードにコピー

ショート再生機能追加

ダウンロード用リンク:
nicoコメ補助ツール ver.5.02r2
2 5.02r1 コメントの上一行/下一行コピー機能追加 ダウンロード用リンク:
nicoコメ補助ツール ver.5.02r1
1 5.02 html5対応版

コメント/コマンドはペーストで投下

 ダウンロード用リンク:
nicoコメ補助ツール ver.5.02

 

クリックして、表示するスクリプトの記述をコピーして、用意したブックマークレットのプロパティーで、「URL」の部分にペーストして、ご利用ください。

 

なお、Firefox専用ですので、Ie等では動作しませんので、ご注意ください。

 

以下、簡単な説明書き

HTML5 と CSS をちゃんと勉強しないとw 恥ずかしくって、コードの公開ができませんw

特殊文字の復元(アンエスケープ)

ニコニコ動画の新しいプレーヤー(html5【β】)にコメント補助ツールを適用するため、ソースを見ていたら、なんかわからない部分があって、それは特殊文字をエスケープためだとわかりました。

【特殊文字】
[&lt;] ⇒ 「<」
[&gt;] ⇒ 「>」
[&amp;] ⇒ 「&」
[&quot;] ⇒ 「”」
[&nbsp;] ⇒ 「 」
[\/] ⇒ 「/」
[\u0000] ⇒ 「字」
そこで、久しぶりにそれを復元するツールを作りましたw

特殊文字&ユニコードのエスケープ

 

最低な困った人w

粘着バカ

o021902171437288426482

この顔にピンときたらw

本人のサイトにあった画像ですw 悪いことを企んでいるのでしょうから、これも偽物かもしれませんがw

見ず知らずの人から質問が来て、こちらも忙しいのに対応してあげても、ちょっと意見すると最後は逆恨みする様なこんな人がいますので、皆さんも気を付けて下さいね。
更に、古めかしい手法の嫌がらせをしてきていますねw 大量のアカウントを作って大量のアメンバー申請w 人の記事に大量のいいね!w ぜーんぶ、同じIPアドレスだし、奴のプロフにある地域と見事に一致してるしw バカ丸出しww

更に、この人のブログにある自己紹介は、やってること全然違うので、めちゃうけますw
まあ、人を騙すために作っているブログでどうせ内容は嘘ばっかりなのでしょうw
Netで調べると同じ様に、嫌がらせを受けている人が何人かいるので、本当に悪質で、ツールを使っているのでしょうw

自己紹介には、こんなことが書いてありますが?w
・人とのふれあいをとても大切にします
・人を傷つけないことを目標としています

【いかれた人】
ああむ
http://ameblo.jp/torumbe/

【以下、やり取りの一部始終】

ああむ
結局答えに困ると、そうやって逃げるんだよ、おめぇみたいな奴わ!
[暇でし: 逃げるってなんだ?w 勝手にしつこく質問してきた奴にこたえる義務があるのか?w]

ああむ
散々やってきて聞いてんだよ、じじぃ!!
[暇でし: 散々勉強した割には、低レベルな質問なんだけどw 自分は頭悪いって自分で言ってるの?]

暇でし
こんばんわ。
要は相手サーバとどの様に交信するかと言うことです。
手っ取り早く人に聞くばかりではなく、やはり自分でいろいろと調べたり、勉強したりして知識を広げないと理解できないと思います。
ロジックがわかっったら、それを実現する方法を見つければできると言うことです。プログラム言語が違いますが、現に実現している人がいるわけですからね。
1つのサイトを見て理解できなかったら、いろいろなサイトを見ることです。表現の仕方や、言葉が違いますから、いろいろなサイトで調べていけば、少しずつ理解が深まるはずです。
是非、自分で頑張ってみて下さい。
とっても暇でし

ああむ
ご丁寧な返信に感謝致します。
ですが、さっぱり分かりません。
この方法で、iframe以下の要素の取得が出来るのでしょうか
iframeのURLを指定することで、WEB上のデータを取得とありますが、iframe以下の要素を取得できるのでしょうか?
[暇でし: なんで、自分で調べたり、そのサイトの人に直接聞かないの?w]

暇でし
ああむ さん
こんばんわ。
自分ではやった経験がないのですが、以下のサイトを見るとわかるのではないかと思います。不明な場合は、「Excel VBA HTTP リクエスト」とか、「Excel VBA HTTP POST」などで検索すると、いろいろと参考になる情報があると思います。
それでは、頑張って下さい。
以下、参考サイト
   VBAでHTTPリクエスト
      http://www.k-sugi.sakura.ne.jp/windows/vb/3687/
   ExcelVBA、ExcelマクロからHTTPでPOSTする
      http://piyopiyocs.blog115.fc2.com/blog-entry-433.html
とっても暇でし

ああむ
ご返信、ありがとうございます。
紹介していただいたRubyのサイトを拝見し、仕組みは分かったのですが、VBAでのロジックが分かりません。
Host iine.blog.ameba.jp
GET /web/display_iine.html?
receiveAmebaId=****
&entryId=***********
&from=entry
&device=pc
HTTP/1.1
Rubyでは、この定義で、iframe以下の、私が取得したい部分を入手できるのですが上記ロジックを、VBAでは、どう定義して良いのかが分かりません。
お分かりでしたら、教えていただけませんでしょうか?
多忙な中を申し訳ありません。

暇でし
ああむ さん
おはようございます。
Rubyもプログラミング言語ですが、ポイントは、あのサイトの記事には、「いいね」の仕方のロジックが書いてあるので、そのロジックをどんな言語でも行えば良いと言うことですね。
昨日、会社で必要があってExcel VBAをいじりましたが、久しぶりすぎて結構手こずりましたww
では、がんばってください。
とっても暇でし

ああむ
ありがとうございます。
Rubyも散々みましたが、Rubyって何ですか?
[えっ? そんなこと自分でググって調べたりしないの?w]
アメブロ自動ペタツールは使ったことありますが、言語はVBではないのかなと思っています。
また勉強してみます。
暖かい心遣いに感謝致します。
ああむ

ああむさん
こんばんわ。
長らく放置になってしまってすみませんでした。
どうやら有料のツールもあるので、作れなくはないみたいですねw
で、こちらにヒントがありました。
Rubyによるアメブロ『いいね』自動化スクリプト(1) 『いいね』のしくみ
http://d.hatena.ne.jp/j_jasper/20140105/1388914161
Rubyによるアメブロ『いいね』自動化スクリプト(2) 『いいね』をつけるスクリプト
http://d.hatena.ne.jp/j_jasper/20140113/1389592237
Rubyによるアメブロ『いいね』自動化スクリプト(3) 「いいね」のターゲット設定(その1)
http://d.hatena.ne.jp/j_jasper/20140113/1389616753
アメブロ「いいね!」機能を使うためのChrome拡張を作ってみた
http://d.hatena.ne.jp/sugyan/20130912/1378915680
VBで作れるかまでは考えていませんが。お役に立てると幸いです。
とっても暇でし

ああむ
相変わらずいろいろやられていますね、凄い知識なのですね
こちらは、相変わらず、iframeで苦闘です。
「いいね!」ボタンを押すには、iframe の name=”iine” 以下の要素なのですが、取得ができません。
「いいね!」をクリックすることによって ClassName が alreadyIine iine からalreadyIine に変化しています。
iframe以下の要素が掴めないこととClassNameの変更の仕方が分からず苦悩しています。
何か良い知識がありましたら、お貸しください

暇でし
ああむさん
返信が遅くなり、申し訳ありません。
私も素人プログラマなので、調べないとわかりませんが、わかったら連絡しますので、気長にお待ちください。
私も、この3週間ぐらい、どうしてもお天気情報をつかむウィジェットが作れず、もんもんとしているので、ご相談されたお気持ちは理解できますので。
お互い、楽しくがんばりましょう。
とっても暇でし

ああむ
こんばんは。
先日、とても暇でしさんの、VBA自動ペタにコメントさせて頂きましたああむと申します。
実は、現在、自動いいねに挑戦しているのですが、「いいね!」ボタンは、iframeの下の要素にあるみたいで、
どうやっても読み込むことが出来ません。
ですが、自動ペタツールなどは、ちゃんと自動いいねもやっています。VBAで、iframe以下のscriptを取得することは不可能なのでしょか
とても暇でしさんに、何か知識がありましたら伝授して頂けると助かります。
一方的な身勝手な内容で申し訳あしません。
ずっと悩んでいるものですからお許しください

ああむ
http://profile.ameba.jp/torumbe/
IPアドレス    180.196.124.193
ホスト名    180-196-124-193.aichiwest1.commufa.jp

検索結果
IPアドレス    180.196.124.193
ホスト名    180-196-124-193.aichiwest1.commufa.jp
IPアドレス割当てエリア
国    日本
都道府県(CF値)    愛知 ( 95 )
市区町村(CF値)    豊田市 ( 75 )
IPアドレス割当て組織
組織名     該当なし
上場区分    該当なし
資本金    該当なし
従業員数    該当なし
売上高    該当なし
業種大分類    該当なし
組織 WEBサイトアドレス    該当なし
IPアドレス割当て環境
接続回線(CF値)    他キャリアFTTH ( 95 )
市外局番    該当なし
プロキシ判定    該当なし

調  査  結  果

調査したIP 180.196.124.193
ホスト名 180-196-124-193.aichiwest1.commufa.jp
国 情 報 日 本 ( JP )
+ 情報 3032775873 + 37 chr
IP Level 未登録..要確認!
dsbl.org 未登録です
spamcop 未登録です
spamhaus 未登録です
 
Whois 検索 ( 180.196.124.193 からの検索です )

[ JPNIC database provides information regarding IP address and ASN. Its use ]
[ is restricted to network administration purposes. For further information, ]
[ use ‘whois -h whois.nic.ad.jp help’. To only display English output, ]
[ add ‘/e’ at the end of command, e.g. ‘whois -h whois.nic.ad.jp xxx/e’. ]

Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス] 180.196.96.0/19
b. [ネットワーク名] COMMUFA
f. [組織名] 中部テレコミュニケーション株式会社
g. [Organization] Chubu Telecommunications Co.,Inc.
m. [管理者連絡窓口] JP00012001
n. [技術連絡担当者] JP00012001
p. [ネームサーバ] dns1.commufa.jp
p. [ネームサーバ] dns2.commufa.jp
[割当年月日] 2009/11/09
[返却年月日]
[最終更新] 2009/11/09 21:14:20(JST)

上位情報
———-
中部テレコミュニケーション株式会社 (Chubu Telecommunications Co.,Inc.)
[割り振り] 180.196.0.0/14

下位情報
———-
該当するデータがありません。

以下、嫌がらせの「アメンバー申請」をしてきていたアカウントですが、今は削除して逃げている様ですが、これらのアカウントに更に少しずつ増やしていました。

http://profile.ameba.jp/manachan-baba1a
http://profile.ameba.jp/manachan-baba2
http://profile.ameba.jp/manachan-baba3
http://profile.ameba.jp/manachan-baba4
http://profile.ameba.jp/manachan-baba5
http://profile.ameba.jp/manachan-baba6
http://profile.ameba.jp/manachan-baba7
http://profile.ameba.jp/manachan-baba8
http://profile.ameba.jp/manachan-baba9
http://profile.ameba.jp/manachan-baba10
http://profile.ameba.jp/manachan-baba11
http://profile.ameba.jp/manachan-baba12
http://profile.ameba.jp/manachan-baba13
http://profile.ameba.jp/manachan-baba14
http://profile.ameba.jp/manachan-baba15
http://profile.ameba.jp/manachan-baba16
http://profile.ameba.jp/manachan-baba17
http://profile.ameba.jp/manachan-baba19
http://profile.ameba.jp/manachan-baba20
http://profile.ameba.jp/manachan-baba21
http://profile.ameba.jp/manachan-baba22
http://profile.ameba.jp/manachan-baba23
http://profile.ameba.jp/manachan-baba24
http://profile.ameba.jp/manachan-baba25
http://profile.ameba.jp/manachan-baba26
http://profile.ameba.jp/manachan-baba27
http://profile.ameba.jp/manachan-baba29
http://profile.ameba.jp/manachan-baba30
http://profile.ameba.jp/manachan-baba31
http://profile.ameba.jp/manachan-baba32
http://profile.ameba.jp/manachan-baba33
http://profile.ameba.jp/manachan-baba34
http://profile.ameba.jp/manachan-baba35
http://profile.ameba.jp/manachan-baba36
http://profile.ameba.jp/manachan-baba37
http://profile.ameba.jp/manachan-baba38
http://profile.ameba.jp/manachan-baba39
http://profile.ameba.jp/manachan-baba40
http://profile.ameba.jp/manachan-baba41
http://profile.ameba.jp/manachan-baba42
http://profile.ameba.jp/manachan-baba43
http://profile.ameba.jp/manachan-baba44
http://profile.ameba.jp/manachan-baba45
http://profile.ameba.jp/manachan-baba46
http://profile.ameba.jp/manachan-baba47
http://profile.ameba.jp/manachan-baba48
http://profile.ameba.jp/manachan-baba49
http://profile.ameba.jp/manachan-baba50
http://profile.ameba.jp/manachan-baba51
http://profile.ameba.jp/manachan-baba52
http://profile.ameba.jp/manachan-baba53
http://profile.ameba.jp/manachan-baba54
http://profile.ameba.jp/manachan-baba55
http://profile.ameba.jp/manachan-baba56
http://profile.ameba.jp/manachan-baba57
http://profile.ameba.jp/manachan-baba58
http://profile.ameba.jp/manachan-baba59
http://profile.ameba.jp/manachan-baba60
http://profile.ameba.jp/manachan-baba61
http://profile.ameba.jp/manachan-baba62
http://profile.ameba.jp/manachan-baba63
http://profile.ameba.jp/manachan-baba64
http://profile.ameba.jp/manachan-baba65
http://profile.ameba.jp/manachan-baba65
http://profile.ameba.jp/manachan-baba66
http://profile.ameba.jp/manachan-baba67
http://profile.ameba.jp/manachan-baba67
http://profile.ameba.jp/manachan-baba68
http://profile.ameba.jp/manachan-baba69
http://profile.ameba.jp/manachan-baba69
http://profile.ameba.jp/manachan-baba70
http://profile.ameba.jp/manachan-baba70
http://profile.ameba.jp/manachan-baba71
http://profile.ameba.jp/manachan-baba71
http://profile.ameba.jp/manachan-baba72
http://profile.ameba.jp/manachan-baba73
http://profile.ameba.jp/manachan-baba74
http://profile.ameba.jp/manachan-baba74
http://profile.ameba.jp/manachan-baba75
http://profile.ameba.jp/manachan-baba76
http://profile.ameba.jp/manachan-baba77
http://profile.ameba.jp/manachan-baba78
http://profile.ameba.jp/manachan-baba79
http://profile.ameba.jp/manachan-baba80
http://profile.ameba.jp/manachan-baba81
http://profile.ameba.jp/manachan-baba82
http://profile.ameba.jp/manachan-baba82
http://profile.ameba.jp/manachan-baba83
http://profile.ameba.jp/manachan-baba83
http://profile.ameba.jp/manachan-baba84
http://profile.ameba.jp/manachan-baba84
http://profile.ameba.jp/manachan-baba85
http://profile.ameba.jp/manachan-baba85
http://profile.ameba.jp/manachan-baba86
http://profile.ameba.jp/manachan-baba86
http://profile.ameba.jp/manachan-baba87
http://profile.ameba.jp/manachan-baba88
http://profile.ameba.jp/manachan-baba89
http://profile.ameba.jp/manachan-baba90
http://profile.ameba.jp/manachan-baba91
http://profile.ameba.jp/manachan-baba92
http://profile.ameba.jp/manachan-baba93
http://profile.ameba.jp/manachan-baba94
http://profile.ameba.jp/manachan-baba05
http://profile.ameba.jp/manachan-baba96
http://profile.ameba.jp/manachan-baba97
http://profile.ameba.jp/manachan-baba98
http://profile.ameba.jp/manachan-baba99
http://profile.ameba.jp/manachan-baba101
http://profile.ameba.jp/manachan-baba102
http://profile.ameba.jp/manachan-baba103
http://profile.ameba.jp/manachan-baba104
http://profile.ameba.jp/manachan-baba105
http://profile.ameba.jp/manachan-baba106
http://profile.ameba.jp/manachan-baba107
http://profile.ameba.jp/manachan-baba108
http://profile.ameba.jp/manachan-baba109
http://profile.ameba.jp/manachan-baba110
http://profile.ameba.jp/manachan-baba111
http://profile.ameba.jp/manachan-baba112
http://profile.ameba.jp/manachan-baba113
http://profile.ameba.jp/manachan-baba114
http://profile.ameba.jp/manachan-baba115
http://profile.ameba.jp/manachan-baba116
http://profile.ameba.jp/manachan-baba117
http://profile.ameba.jp/manachan-baba118
http://profile.ameba.jp/manachan-baba119
http://profile.ameba.jp/manachan-baba120
http://profile.ameba.jp/manachan-baba121
http://profile.ameba.jp/manachan-baba122
http://profile.ameba.jp/manachan-baba123
http://profile.ameba.jp/manachan-baba124
http://profile.ameba.jp/manachan-baba125
http://profile.ameba.jp/manachan-baba126
http://profile.ameba.jp/manachan-baba127
http://profile.ameba.jp/manachan-baba128
http://profile.ameba.jp/manachan-baba129
http://profile.ameba.jp/manachan-baba130
http://profile.ameba.jp/manachan-baba131
http://profile.ameba.jp/manachan-baba132
http://profile.ameba.jp/manachan-baba133
http://profile.ameba.jp/manachan-baba134
http://profile.ameba.jp/manachan-baba135
http://profile.ameba.jp/manachan-baba136
http://profile.ameba.jp/manachan-baba137
http://profile.ameba.jp/manachan-baba138
http://profile.ameba.jp/manachan-babala

以上

Android Widget 日時&電池容量

アイキャッチ画像は、北陸の美少女のぶらっくすわんさんですw

 

 

こちらのサイトで公開されているコードを基に、同類のものを作ってみました。

群衆三世
40hくらいでデジタル時計ウィジェットを作った話。
http://gunsyu3.hatenadiary.jp/entry/20111105/1320465848

 

device-2015-10-29-205248s

最初は知識不足で、全く歯が立ちませんでしたが、2週間ほど、Widget と格闘していたので、ようやく内容がある程度は理解できました。

 

1.manifests > AndroidManifest.xml

 

2.java > com,tottemohimadesi.widgettimer01 > WidgetTimer01.java

 

3.res > layout > widget_main.xml

 

4.res > values > strings.xml

 

5.res > xml > widget.xml

6.res > drawable

Folder

 

以下、Widget 作成のポイント概要ですw

 

Widgetの作り方

1. Widgetに必要なもの(一般アプリの様なActivity.javaは不要)

A. レイアウトを定義したXMLファイル
(app > res > layout > widget_main.xml)

B. Widgetの描画サイズや更新時間などを記述したXMLファイル
(app > res > xml > widget.xml)

C. 実際の処理を行うAppWidgetProviderクラスを継承したクラス
(app > java > pakage > WidgetXxxxx.java)

D. AndroidManifestファイル
(app > manifests > AndroidManifest.xml)

2-A. レイアウト作成

使用することができるレイアウトが限定されている。

・Linearlayout

・FrameLayout

・RelativeLayout

2-B. 設定ファイル作成

設定ファイルに記述すべき項目は4つある。

・ android:minWidth:Widgetの幅(単位:dip)
dip = (占有するセル数 x 74dip) – 2dip

・ android:minHeight:Widgetの高さ(単位:dip)
dip = (占有するセル数 x 74dip) – 2dip

・ android:initialLayout:Widgetの初期レイアウト

・ android:updatePeriodMillis:Widgetの更新間隔(単位:ms)
ただし0の場合は更新しない

2-C.AndroidManifest.xml

<reciver>

・android:name→AppWidgetProviderを継承したクラス名を記述

・android:label→ウィジェットの一覧に表示される名前

<intent-filter>

・<action>タグに更新イベントを受け取れることを
示すAPPWIDGET_UPDATEを記述

<meta-data>

・android:nameにはappwidget.provider、android:resourceにAppWidgetの設定ファイルを指定

2-D.AppWidgetProviderクラスを継承したクラス

・Widgetもライフサイクルを意識する必要がる。

・Widgetは複数起動することができるが、1つ目の起動時に
onEnabled()が呼び出され、その後すぐにonUpdate()が
呼び出される。
そして、もう1つWidgetを起動すると、onEnabled()は
呼び出されずにonUpdate()がすぐに呼び出される。

・起動しているWidgetを終了させると、onDeleted()が呼び出される。

・起動している全てのWidgetを終了させると、onDisabled()が
呼び出される。

 

 

 

 

Android端末用LiveWallpaper(#3)

うし子さん

アイキャッチ画像は、「踊ってみた」や「コスプレ」で活動中のうし子さんですw

 

設定の仕方等は、下記の記事を見てくださいねw

リンク: Android端末用LiveWallpaper

 

apk ファイルは、こちらのリンク(OneDrive)からダウンロードしてくださいねw

リンク:

うし子さん

リフレッシュタイプ: LiveWal;lpaper_Refresh2_Usiko01.apk
LiveWallpaper_Ushiko01

リフレッシュタイプ: LiveWal;lpaper_Refresh2_Usiko02.apk
LiveWallpaper_Ushiko02

リフレッシュタイプ: LiveWal;lpaper_Refresh2_Usiko03.apk
LiveWallpaper_Ushiko03

 

エサ探知機さん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Esatan01.apk
LiveWallpaper_Esatan01

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Esatan02.apk
LiveWallpaper_Esatan02

 

未来みきさん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Miki01.apk
LiveWallpaper_Miko01

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Miki02.apk
LiveWallpaper_Miko02

 

ぶらっくすわんさん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Swan01.apk
LiveWallpaper_Swan01

 

ありしゃんさん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Arisyan_01.apk
LiveWallpaper_Arisyan01

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Arisyan_02.apk
LiveWallpaper_Arisyan02

Android端末用LiveWallpaper(#2)

星乃もるちゃん

アイキャッチ画像は、現在ニコニコ動画で一番かわいい星乃もるさんですw

 

今回は魅力的な3人のライブ壁紙をそれぞれ3つずつ作ってみましたw 画面が変わるたびに壁紙の画像が変更になるリフレッシュタイプのものですw

 

設定の仕方等は、下記の記事を見てくださいねw

リンク: Android端末用LiveWallpaper

 

apk ファイルは、こちらのリンク(OneDrive)からダウンロードしてくださいねw

リンク:

さつきちゃん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Satsuki01.apk
LiveWallpaper_Satsuki01

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Satsuki02.apk
LiveWallpaper_Satsuki03

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Satsuki03.apk
LiveWallpaper_Satsuki02

 

星乃もるちゃん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Moru01.apk
LiveWallpaper_Moru01

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Moru02.apk
LiveWallpaper_Moru02

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Moru03.apk
LiveWallpaper_Moru03

神谷えりなちゃん

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Erina01.apk
LiveWallpaper_Erina01

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Erina02.apk
LiveWallpaper_Erina02

リフレッシュタイプ: LiveWallpaper_Refresh2_Erina03.apk
LiveWallpaper_Erina03

ドロップダウンリストの3段以上の連携VBA

アイキャッチ画像は、いつも可愛いさつきさんですw

 

 

 

 

上位のドロップダウンリストの選択結果によって、次のドロップダウンリストの内容(選択肢)が自動的に変わる(演算される)ものを作ってみました。

今回のサンプルは4段階のものですが、3段階以上10段階とかも作ることは可能ですw

基本的には、最初と最後は処理が少し違いますが、途中は同じ関数として作ることができますw

詳しい説明は追って追加しますが、今回は概要とコードを紹介しますw サンプルのExcelファイルは、こちらにアップしておきますw

http://www.tottemohimadesi.esy.es\upload\Excel_VBA\Related_DropdownList.zip

 

中央にある表が対象のデータで、その上に、4つのドロップダウンリストを設けています。

表の下には演算のための補助として、演算する選択項目の行範囲の記録する部分、さらには、ドロップダウンメニューの項目、またその範囲を作成する場所を設けています。

Excel-01
ドロップダウンにするデータを格納する場所を下図の様に範囲を指定して、選択範囲に名前を付けます。今回の例では4か所を設定します。

Excel-02

Excel-03
左上のエリアで作成した領域名を確認できます。

Excel-04
そして、ドロップダウンリストを作成し、「元の値」に、先ほど設定した領域名を利用します。

 

Excel-06
ドロップダウンリストで、値を選択して行くと、次のドロップダウンリストが新たに演算で設定され、絞り込みされていく様になっています。

Excel-07
どの段階であってもリスト対象が1つに絞り込まれた段階で、結果が出る様になっています。

Excel-08

 

それでは、簡単な解説です。

ここの部分は、対象のセルの内容が変更になった時に自動実行する部分です。ただし、ここの部分はデバッグの時に邪魔になるので、デバッグが完了してから一番最後に記入しましょうw

次の部分は、一番最初のドロップダウンリストのリスト項目を演算する部分です。

ただし、リセットする機能もあるので、演算の結果や途中の演算で使用する部分の内容を消去しています。

演算事態は簡単で、ドロップダウンリストの項目になる部分からリストする項目をチョイスしています。具体的には、空白部分を無視してドロップダウンリスト用の項目を記載するエリアに詰めて記載しています。

次の部分はメインになる部分です。

このドロップダウンリストで選択された項目に応じて、次のドロップダウンリストを演算する部分です。

まず、ここで選択された項目を使って、その対象となる次のドロップダウンリストの項目の範囲(最初の行と最後の行)を演算しています。

そして、最初のドロップダウンリストと同様に、利用するドロップダウンリストに利用する項目を拾い出しています。具体的には空白部分を無視して、ドロップダウンリストの項目になるエリアに書き出しています。

なお、ドロップダウンリストの選択肢が1つしかない場合は、結果が決まっているので、結果を自動演算するセルに、勝ち抜いた行を記入しています。

一工夫しているのは、直接結果を演算するのではなく、結果を導くための値(この例では行)を、指定の場所に書込み、そのセルの値変化で自動演算する様にしています。

今回は行で結果を導く様にしていますが、今回の例では「分類4」の文字列にすることもできますし、いろいろな演算をして結果を導くこともできます。

次は、最後のドロップダウンリストの部分です。

ここでは、

 

 

最後は、セルの内容が変更された場合に演算する部分です。

ドロップダウンリストを選択した部分は、列番号を持って単にメインの関数を呼び出しています。

そして結果を演算する部分は、指定のセルに勝ち抜いた行数を入れると結果を演算する様にしています。

 

Javascript でグラフ

よさそうなものはいろいろとありますが、「jQuery-Visualize」がお手軽そうです。グラフのオプション指定は必要ですが、基本的には表を作れば自動でグラフ化できます。

自分は Access で作ったデータベースから必要に応じたレポートを作成し、グラフ化することに利用しています。

 

 

jQuery-Visualize
https://www.filamentgroup.com/lab/update-to-jquery-visualize-accessible-charts-with-html5-from-designing-with.html

基本形:
$(‘table’).visualize();

オプション:
type: ‘bar’, ‘area’, ‘pie’, ‘line’
width: number
height: number
appendTitle: boolean(‘true’,’false’
title: string. (table’s Caption element)
appendKey: boolean
colors: array(Default:’#be1e2d’,’#666699′,’#92d5ea’,’#ee8310′,’#8d10ee’,’#5a3b16′,’#26a4ed’,’#f45a90′,’#e9e744′])
textColors: array
parseDirection: string. ‘x’,’y’
pieMargin: number(Default: 20)
pieLabelPos: string(‘inside’,’outside’)
lineWeight: numberDefault: 4.
barGroupMargin: number(Default: 10)
barMargin: number(Default: 1)

 
ccchart
http://ccchart.com/

 

Chart.js
http://www.chartjs.org/

 

Google Chart Tools
http://yohshiy.blog.fc2.com/blog-entry-195.html

Microsoft Access を利用した Web アプリ

ACCESS

例えば、会社のイントラのサーバに Access でつくったデータベースファイルと、html ファイル、 js ファイルを置いておくことで、ライセンスが1つしかなくても、不特定多数でデータベースの編集、検索、レポートの作成が可能になりますねw

もちろん、Access を使えなくても、Web アプリを使えば良いことになりますw

こちらのサイトがとても参考になりますw

JavaScript初心者入門講座
http://java-script.seesaa.net/category/3195601-1.html
データベースファイル接続

database = new ActiveXObject(“ADODB.Connection”);
database.Open(“Drive={Microsoft Access Driver (*.mdb)}; DBQ=c:\\FileName.mdb;”);
データベースファイル切断

database.Close();
database = null;
ファイルの操作用 SQL 文

select [* or ITEM_NAME] from [TABLE_NAME] where [条件式1(ITEM_NAME) and 条件式2(ITEM_NAME)] order by [ITEM_NAME]

select min([ITEM_NAME]) where 条件式1(ITEM_NAME)

insert into [TABLE_NAME] value ([数値], [‘文字列’], [数値], [‘文字列’], [数値])

update [TABLE_NAME] set [ITEM_NAME]=”[文字列]”, [ITEM_NAME]=”[文字列]”, ,,, where 条件式1(ITEM_NAME)

delete from [TABLE_NAME] where 条件式1(ITEM_NAME)

要素を追加する Javascript

今回のアイキャッチ画像は、猫舌さんです。

今回のスクリプトは、2種類です。

1つは、ボタン操作で、要素を追加/削除するもの、もう1つはチェックボックスで、同様のことを行うスクリプトです。

関数側で要素の追加、削除を行うので、ブックマークレットの時は、関数を外部ファイル化しておくと、ボタンやチェックボックスと追加要素を挿入する要素だけあれば良いことになります。

このページでは上手く動かない様なので、こちらのデモページでご確認ください。

 


“:追加パネル 表示/非表示”